不眠症 改善 対策

不眠症にはさまざまな要因が絡んでいます

不眠症の改善、対策には交感神経の抑制が鍵
不眠症で眠れない原因の対策にはいくつかの要素があります。

具体的には興奮した時に活性化する交感神経の働きを抑えることが大切なのですが、その要素をお伝えする前に、まず不眠症の種類について簡単に分類してみます。

不眠症の種類は4種類


不眠症4種類の図解


入眠障害

不眠症の中でも多くの方が一番悩むのがこの入眠障害です。簡単にいえば「寝付きが悪い状態」ということになります。

時間で言うと、30分〜1時間、ベッドに入り、横になっても寝付けず、ひどい場合には2時間以上も眠れないケースがあったりもします。ただし、寝付きが悪いだけで、眠ってさえしまえば大体は朝まで眠れるパターンです。

熟眠障害

これは一言でいうと「眠りが浅い状態」です。ぐっすり眠れないんですね。
私も経験しましたが、朝起きて眠ったと思っているのになぜかとても眠たくてなかなか起きられず、昼になってもまだ眠気が来たりします。昼間に頭がボーっとしている状態が多くなるので、仕事をしている方などはとてもつらい症状です。

早期覚醒

コレも一言でいうと、「寝たいのに早く起きてしまう状態」のことです。
ご老体になってくると現れやすい症状ですが、うつ病や不眠症の方にも出やすい症状です。これには交感神経が関係している場合が多く、感覚が高ぶっていたりするので当然起きてしまうと眠れずに、睡眠時間が十分に取れない状態が続きます。

中途覚醒

寝付けない管理人の画像

これも分かりやすく言い換えると、「夜中に何度も目が覚めてしまう状態」のことです。
これが結構厄介で苦しい状態ですね。寝たいのになぜか起きてしまう。トイレに何度も行かなければならない状態が続く。さらに、起きてしまったあとにまた眠りに付くことがなかなか出来なかったりして、結局良く眠れなかったという状態が続きます。中に起きてもまたすぐ眠れる方もいます。入眠障害と併発しやすい症状です。


不眠症改善対策で重要な鍵は副交感神経

交感神経を抑え、副交感神経を活性化させる

先に書いたとおり、眠れない状態の一番の原因として、「交感神経の働きが活性化している」ことが挙げられます。また、他にも、

  • カフェインを摂り過ぎない

  • 寝ることを意識的に行う

などが挙げられますが、気持ちを安らげるような状態に持っていくことがとても大切です。

交感神経とは、身体を活発に動かすためにはとても大切な神経ですが、眠りにとっては、反対の副交感神経が働かなければ良質な睡眠をとることができません。

これも分かりやすく言えば、「交感神経は昼間の神経」で、「副交感神経は夜の神経」と言えます。

リラックスを促すためには交感神経を抑えて、副交感神経を働かせることがとても大切になってくるんですね。



また、当然ながらリラックスが不足しているので、お肌へのトラブルも多くなりますから、女性にとってはよリ大切な要素になってきます。

では、副交感神経をアップさせるためにはどうしたら良いのかについて書いてみます。


副交感神経を働かせるために大切なこと5つ

副交感神経を働かせるために重要な5つのポイント

以下は、掛かり付けのお医者様から聞いたことですので、医学的には証明されている大切な事項だと思っていますので、何気ないことが多いのですが参考にされると良いかと思います。

毎朝同じ時間に起きる

自律神経を調節するために、毎朝同じ時間に起きて身体のリズムを調えて、太陽の光を浴びるようにします。これを習慣づけて、一日の周期を作っていきます。
軽い運動を出来るだけ毎日行う
激しい運動は逆に交感神経を高めますので、ストレッチやウォーキングなど、軽い運動をして軽い疲れを伴わせることでリラックス効果を高めます。

夜になったら出来るだけ身体を温める
暖かくなれば必然的に眠気を伴いやすくなります。これには半身浴などが効果的です。

寝る前には柔らかい光にする
寝る前にはパソコンやテレビをみる時間を抑え、明るい電気を使わずに、間接照明などで光を抑えるようにすることで気分を鎮め、副交感神経をアップさせます。

就寝3時間前になったら飲食をしない

これはよく言われることですが、食べると胃腸の働きが活性化されるので、必然的に身体の機能が動きがちになり、副交感神経にはマイナス要素となります。

そして、特にここは大切なのですが、お医者様が言うには、睡眠にとって一番重要な「セロトニン」を作り出すための「トリプトファン」を多く含んだものを出来るだけ意識して摂っていくことがとても効果があるので、意識してみてくださいとのことでした。

例えば牛乳やチーズなどの乳製品、レバー、かつお、まぐろ、ナッツ類などにトリプトファンは多く含まれます。寝る前なら、ホットミルクが最適ですね。ゴマも効果的です。

いち早く不眠症を解消するポイントは「セロトニン」

これら5つのポイントや食生活などを含めて、根本的に不眠になった原因が何だったのかを学び、私自身が不眠症を治していく経過でかなりいろいろ調べていった結果、不眠症の改善・対策にはセロトニンが必要不可欠ということが分かりました。

不眠が改善しないからといって、すぐに薬で対策しようと思うのは得策とはいえません。
私が睡眠薬に頼らなくても不眠症が改善できたのは、セロトニンがたっぷり入った不眠症サプリのお陰でした。

管理人を救ってくれたサプリ

子供をお腹に宿してから、必死になってあらゆることを試し尽くしたと言ってもいいくらい不眠と向き合ってきた管理人を一番助けてくれたのがこのハーブサプリ。
眠れず悩んでいる方にはぜひ一度試して欲しいです。

⇒潤睡ハーブの公式ホームページ


まずは天然成分のサプリメントで不眠症対策から試してみることをおすすめします。
管理人が学んできたこと、経験談も良かったら参考にしてみて下さい。

管理人の体験談
薬に頼らない不眠症対策


 
実際に使ってみて効果を感じられた不眠症対策サプリランキング