まさかこれも更年期障害の症状!?【頻尿・尿失禁】

ここ数年、どうもトイレが近いな・・・と感じてました。
ついさっき行ったはずなのに、またすぐ行きたくなる。いわゆる頻尿ってやつです。トイレに行きたい

元々、販売の仕事をしてたので、トイレを我慢する事に慣れてしまって、人より回数は断然少ない方だったのに、いきなりこんなに頻繁に行きたくなるなんて・・・。何かの病気なんだろうかと困惑してました。
同世代の友達にこっそり聞いてみると、同じく頻尿、そして尿失禁で悩んでいる人の多いこと!びっくりしました。
みんなで、「ああ、私だけじゃなかった~」と安心する始末(笑)

私は冷え性もひどくて、それと関係あるんだろうか?と心配になって、ネットでいろいろ検索してみたら、またしても『更年期障害』というキーワードにぶつかりました。
「えっ、こんな症状まで更年期障害なの?!」とショックでしたが、読めば読むほど、「やっぱりそうなのね・・・」という感じでしたが、もう更年期は女性の自然現象って事で受け止めて、何とか自分で出来る範囲の対策をとることにしました。

更年期の頻尿の原因と対策

更年期の年代になると、女性ホルモン(エストロゲン)が少なくなってきて膀胱や尿道が萎縮してくるらしく、それが頻尿の原因になるそうで、さらに、元々が冷え性の人だとその症状が出やすい傾向があるらしいです。
ああ、まさに私、この例にピッタリと当てはまります。若い頃からずっと冷え性に悩まされてきました。それがここに来て頻尿にまでつながるとは・・・ショック。

しかし、更年期の頻尿は「トイレが近くなった」レベルだとさほど心配する必要はなく、水分摂取量を調節したり、外出時にトイレのタイミングを意識して組み込む等の対策で、ある程度は対処できるかと思います。
しかし、トイレを我慢しすぎて膀胱炎になってしまうというケールも多く見られる年代です。外出時は、水分コントロールには少々気を使う形になりますが、トイレに行くタイミングを考えずに過ごせる自宅では、逆にちょっと水分を多めにとって(温かい飲み物がオススメ)、我慢のないスムーズな排尿で膀胱炎にならないようにする事も、大事です。がぶ飲みではなく、定期的に少量ずつ飲んで、自然なリズムでトイレに行けるようにするといいみたいです。

お茶実は私、トイレの我慢し過ぎで過去にもう二回膀胱炎になってるんですよね(泣) もうあの苦しみは二度と味わいたくありません。
頻尿とうまく付き合いながら、膀胱炎予防。 骨盤底筋体操っていう体操も、頻尿、尿失禁に効くらしいです。

サプリや病院に助けてもらう部分もありますが、セルフケアも大事ですね。小さな努力の継続、頑張ります。

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ