白熱灯などのリラックス出来る光がメラトニンを分泌させる

蛍光灯

夜を昼だと錯覚させる蛍光灯の光

朝日が目覚めに影響するように、目から入ってくる情報と睡眠には深い関わりがあります。朝の光には青い色調が含まれているため、夜に青い光を見ると、起きる時間だと錯覚して体が起きてしまいます。

青い光は「朝の光の波長」と同じ。夜でも体が昼と勘違いしてしまい、睡眠ホルモン「メラトニン」の分泌を抑制してしまいます。

参考:メラトニンの効果

オフィスや駅など多くの施設で使われている蛍光灯はこの青い波長を含むので、眠りを妨げます。会社帰りにコンビニに立ち寄って立ち読みしたり、食べ物を買うのが習慣になってしまっている人は、寝る時間になっても目が冴えてなかなか眠れなくなって不眠症になる、というケースもあります。

これは蛍光灯の光で「体が昼間に逆戻り」してしまっているためです。

 

睡眠ホルモン「メラトニン」をしっかり分泌させるためには

白熱灯

メラトニンをしっかり分泌させるためには、自宅の照明を蛍光灯(青い光)から白熱灯に替えてみましょう。白熱灯はオレンジ系のあかりで「夕暮れの光の波長」です。

ロウソクの光で心が安らぐように、オレンジ系の光はリラックスできる色。最近では蛍光灯やLED電球にもオレンジ系の「白熱電球型」があります。

LEDはまだまだちょっと値段が張りますので、一先ず普通の電球でも構いません、大切なのは白熱灯にするということです。

 

照明の強さも調整できたらベスト

さらに、照明の強さも夜用に調整できれば最高ですね。光の強さで言えば、日中の光はオフィスの照明で500~1000ルクスに相当します。

夜リラックスしてよりメラトニンを分泌しやすくするためには100~300ルクスくらいの明るさの照明。色と合わせて明るさも気にしながら、寝室の照明選びをしてみてはいかがでしょうか?気分転換にもなりとってもおすすめです(私の自宅も全て白熱灯にしています)。

 

照明とメラトニン分泌効果との関係まとめ

コンビニの光

一般に、蛍光灯に含まれる青い光は眠りを誘うメラトニンの分泌を抑えるので、寝る前に浴びるのはよくありません。夜、蛍光灯の光が強いコンビニ等に行くのは控えましょう。

また朝日を浴びると体内時計が調整されるように(参照:朝日を浴びないと体内時計はどうなるのか?)、目から入る光によって、人は眠気や目覚めが左右されます。寝る前はオフィスやリビングの照明よりも弱い明るさにすることがよりメラトニンを分泌しやすくしておきましょう。

 POINT

  • 睡眠前は青い光を見ないようにする
  • 寝室の照明はリラックスできる白熱灯に替えてみる

2 Responses to “白熱灯などのリラックス出来る光がメラトニンを分泌させる”

  1. トトロ より:

    まさしく、私はLEDの、被害者です。昨年8月、父が茶の間の電気蛍光灯を、LEDに、したら眩しく、頭にタオルを下げ、食事、いような、こうけいです。不眠が、さらに、不眠

  2. トリゴラス より:

    電球色のLED照明では、本物の電球と違ってリラックスできませんね。
    見た目はオレンジ系でも、LEDだと目が疲れます。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ