快眠のコツ

眠りを良くするためには体温を下げておく?

快眠するためには、まず入眠をスムーズにすることが必要です。
ここでは良い入眠方法についてお伝えします。

良入眠のコツは「体温を低くして寝ること」にあります。
こう聞くと、「体は温かくしてから眠りに入ったほうがいいのでは?」というのが一般的に思われている考え方ですが、入眠と体温には密接な関係があり、体温がある程度下がっていたほうが、眠りやすくなるのです。

寝る前に軽い運動をして、身体を温めたり、寝る直前にお風呂に入る人がいますが、実は逆効果なんです。


赤ちゃんが寝ている様子

赤ちゃんは、眠くなると手が熱くなることは、お母さんならご経験があるのではないでしょうか?あれは眠いから体温を下げようとしているためです。
体温を下げるために、手から熱を逃がしていて、熱を出して体温を下げているからなんです。

何故、体温を下げるのかというと、体温を下げて身体を休めようとする機能が身体にあるからですね。

つまり、入眠を良くする条件というのは、体温を少し下げておくことが快眠のコツとなります。


快眠のコツ3点


寝る2〜3時間前に軽い運動をし、体温を上げておく
入浴直後は床に入らず、少し湯冷めをさせて体温を下げておく
身体の温度がやや下がった状態だとより布団の中が暖か感じ、副交感神経が働きやすくなる

この3つを満たした結果、副交感神経が刺激され、大脳の睡眠中枢が活発になることで眠気が来て快眠できる要素へと繋げられる、というわけですね。

一度お試しください^^

また、現在不眠症で苦しんでいる方は、不眠症を解消するポイントをまとめていますのでそちらも併せて読んでみてください。

不眠症解消まとめ


 
実際に使ってみて効果を感じられた不眠症対策サプリランキング