睡眠効果 ホットミルク

ホットミルクが与える睡眠効果について

牛乳の成分には、「神経ビタミン」とも呼ばれ、神経性の不眠症を治療するために使用する医師もいるほどの「ビタミンB12」が豊富に含まれており、自律神経のバランスを整える働きを促します。

また、牛乳にはイライラを鎮める効果のあるカルシウムも豊富に含まれているので、快眠には欠かせない食品といえます。


更に、牛乳の中には、人間の体内では生成されない必須アミノ酸の一種であるトリプトファンという、眠りに不可欠な栄養素が含まれています。当サイトでは何度もお伝えしている睡眠にとって必要不可欠な体内分泌成分ですね。

このトリプトファンから安らかな眠りを促す成分のセロトニンが体内で作られ、これがさらに「睡眠ホルモン」という異名を持つメラトニンに分解されます。

セロトニンの詳しい説明


人肌程度に温めて飲むのがコツ


ホットミルク

しかし、睡眠にとって良いとされる牛乳も、冷たいままでは胃を刺激し脳を覚醒しかねません。
また熱すぎても、刺激を与えることになりますので、逆効果となってしまいます。

牛乳を飲む時には、人肌程度の温度になるまで加熱しましょう。

さらにここに少し砂糖を入れると睡眠効果がある物質のセロトニン分泌効果を増やすことになるので、さらに効果的です。


ホットミルクを飲むと胃の空腹感が抑えられ、胃腸が温まることでも寝つきやすくなる相乗効果が得られますヨ。

もし寝付きが悪くて悩んでいる方は、一度不眠症チェックシートで確認してみてください。


 
実際に使ってみて効果を感じられた不眠症対策サプリランキング