不眠症 原因 対策

不眠症の原因について

日本人の5人に1人が不眠症

不眠症の患者数


多くの人が悩む不眠症。

日本では実に5人に一人(全体の20%)が不眠症に悩んでいるという、ちょっとびっくりするような結果も出ています。また、全体の5%の人が睡眠薬を飲んでいるようです。

不眠症人口が2400万人、睡眠薬を飲んでいる人が600万人。。

日本、どれだけ悩んでいるのかというのが、毎年自殺3万人というのも頷けますね。。


不眠症のチェックシートでも少し触れましたが、一般的に不眠症と診断される方の診断について、国際的にはどう分類されているのかについて下記が参考になると思います。

不眠症を診断するときの基準(睡眠障害国際分類第2版)
A 睡眠の質や維持について訴えがある。
B 訴えは適切な睡眠環境下において生じている。
C 以下の日中の機能障害が一つでもある場合。

 (1)倦怠感あるいは不定愁訴(検査をしても異常がないが、体調不良がある)
 (2)集中力、注意、記憶力に問題がある
 (3)社会的機能の障害
 (4)気分がよくない。あるいは焦った感じがする。
 (5)日中の眠気がある
 (6)やる気が起きない
 (7)仕事中、運転中のミスや事故の危険を感じる
 (8)睡眠不足のため緊張、頭痛、胃腸に症状がある
 (9)睡眠に関する不安がある

(全日本民医連より引用)



不眠症の原因5つ

不眠症の原因と対策
上記不眠症人口は私のようにお医者様に行った方のパーセンテージですから、いわゆる「隠れ不眠症」の方は、本当はもっといるのかもしれません。

では、医師が不眠症と診断する原因をどこのポイントに置いているのでしょうか。原因については医学的に「5つのP」と呼ばれていて、以下の内容が不眠症として区分分けされているようです。

不眠の原因―5つのP

●身体的疾患に伴うもの(Physical)
中枢神経疾患、循環器疾患、呼吸器疾患など

●生理学的不眠(Physiologic)
時差ボケ、交代勤務、短期間の入院など

●心理学的不眠(Psychologic)
精神的ストレス、喪失体験、恐怖体験など

●精神疾患に伴うもの(Psychiatric)
うつ病、統合失調症など

●薬理学的不眠(Pharmacologic)
アルコール、向精神薬、降圧薬、インターフェロンなど

(全日本民医連より引用)



ちょっと難しいので私なりにまとめると、

不眠症の原因と対策について


  1. 体調不良からなる不眠

  2. 時差ボケなどの環境による不眠

  3. ストレスからくる心理的不眠

  4. うつ病が原因での不眠

  5. アルコールや薬による不眠


以上のことが不眠症の引き金を引く原因になっているとのことです。

ただ、ひとつ言えることは、原因が分かったとしても、なってしまったことはどうしようもなく、大切なことは、「どうやったら不眠症を治すことが出来るのか?」ということに尽きると思っています。いわゆる「不眠症対策」ですね。

これについては、「不眠症の改善、対策について」の中で詳しくお伝えしますので、参考にしてください。

不眠症対策トップ

 
実際に使ってみて効果を感じられた不眠症対策サプリランキング