不眠症チェック

睡眠障害と不眠症の違い

不眠症は紛れもない「病気」
睡眠障害と不眠症は同じような意味で使われますが、簡単に言うと、睡眠障害という症状の中に不眠症という病名があります。不眠症は病気なんですね。

睡眠障害の種類

1)不眠症: 眠りたいとき、または眠ろうと思っても寝れない症状

2)過眠症: いきなり物凄い眠気をもよおし、寝てしまうと起きれないほど過剰な眠りをする症状

3)睡眠リズム障害: 寝るべき時(夜)に寝られなく、昼間に眠すぎて何も手がつかないほどになる症状

4)睡眠中異常障害: 部分的に覚醒した状態(夢遊病など)

まさか私が不眠症?


女性の画像

眠れない日々、本当に嫌になってしまいますよね。 でも、自分が不眠症だとは思っていない方が意外に多いようです。

下記事項は、不眠症が原因でうつ病になった時に、病院で受けた不眠症度合いをチェックする項目です。



当てはまる項目の数によって不眠症の可能性が変わってきますので、一度チェックしてみてくださいね。

以下の項目で当てはまるものを数えてみてください。


 横になってから30分以上眠れない時が多い
 夜中にトイレなどで目が覚め起きてしまうことが何度もある
 朝起きてよく眠れたと感じず、寝ているのに中々疲れが取れない
 よくイライラすることがあり、物事に集中できないことがある
 平均睡眠時間は5時間以下、ほとんど眠れない日もある
 本当はもっと寝ていたかったのに、なぜか早く目が覚めてしまうことがある
 身体がだるくてやる気が起きないことが多々ある
 自分が寝ていないことは普通ではないとは思っていない
 ベッドにはいっても眠れない時間が30分以上ある
 特別なことも無いのに、夜更かしをよくしている
 夜は眠れなかったのに、仕事中や昼間になると異常に眠くなることがある
 コーヒーやコーラなど、カフェイン入りの飲み物をよく飲んでいる

セルフチェックの結果

1〜2個

⇒軽度の不眠症(現時点ではほとんど心配ありません)

3〜4個

⇒生活不規則タイプ(仕事等で生活が不規則な方。一時的なら良いですが、改善は必要です)

5〜7個

⇒不眠症予備軍(良質な睡眠が取れていません。今後重度の不眠症になる恐れがあります)

8個以上

⇒不眠症(睡眠に障害あり。既に精神や生活に影響が大きく出ている。根本的な改善が必要)

自分に当てはまる項目が4つ以上になった方は要注意!

4つ以上当てはまる場合は要注意

医者の画像

1〜2つの方は比較的軽い症状ですので、生活スタイルの見直しを行うことで改善されますが、それでも項目一つひとつに対して頻度が多くなってきた方は注意が必要です。

特に、3つ以上になった方は、将来的な不眠症のリスクや、5つ以上になれば既に不眠症の領域に入っていると言えます。

一つひとつの項目に対して改善が見られない場合は、具体的な方法で手段を講じる必要があり、時に大きなストレスなどを抱えてしまった場合、通院が必要なほどの不眠症や鬱病へのリスクがあると言っていいでしょう。

4つ以上に当てはまってしまった方は

4つ以上の方はまずは自己対応として生活習慣を改善することから始めてみましょう。

5つ以上になれば、一度病院の診断も視野に入れることをお勧めします。

ただ、私自身が不眠症になった時にはお腹に子どもがいたこともあり、薬には頼りたくない!という気持ちがとても強かったので、自然食品であるサプリを活用しました。

睡眠薬や抗うつ剤など病院に行って処方された薬を飲むことに抵抗がある方は不眠症サプリを参考にしてみてください。


 
実際に使ってみて効果を感じられた不眠症対策サプリランキング