睡眠薬 副作用

このエントリーをはてなブックマークに追加

睡眠薬を飲むとなぜ眠るのか

睡眠薬が眠りを誘発する理由

 

眠れない 画像

睡眠薬はお医者様が処方してくれますので一見安全に思えます。

 

もちろん一昔前の睡眠薬と比べれば安全性は向上していますし、開発も進んでいます。

 

 

だからといって睡眠薬を常に飲んでいても大丈夫かといえば全然そんなことはありません。

 

 

 

あまり知られていませんが、睡眠薬が身体にどういった効果に基づいて眠りを誘うのかというと、「脳の中の中枢神経に対して強制的に抑制を働きかける」ことで半ば無理やり脳を眠らせるんですね。

 

よくテレビドラマや映画で見る、後ろから睡眠剤を染み込ませたハンカチを当てられると眠ってしまうシーンがありますが、作用としては同じことです。

 

こう聞くと「やっぱり危ないなぁ」と思ってしまいますが、実際に睡眠薬にはどんな特性があるのか、メリット・デメリットについて考えてみましょう。

 

 

睡眠薬のメリット・デメリット

気になる睡眠薬の副作用
まず睡眠薬には様々な種類があります。
よく聞く代表的なもので言えば、「ハルシオン」が挙げられます。もちろん他にもかなりの種類があって、数えだしたらキリがないほど。

 

不眠症やうつ病はかなりつらいのでどうしてもこれら睡眠薬に頼りがちですが、良い点、悪い点を挙げてみます。

 

睡眠薬のメリット

  • 不眠でどうしても眠れないときに服用することで、とりあえず眠りにつくことは出来る
  •  

  • 精神が不安定になったり、情緒不安定になった時に心を一時的に落ち着かせることが出来る

睡眠薬のデメリット

  • 依存性がかなり強い
  •  

  • 肝臓に相当負担をかけている
  •  

  • 脱力感を伴う副作用が飲めば飲むほど強くなり、精神不安定が増す場合がある
  •  

  • 急にやめることができない
  •  

  • 睡眠薬を飲んだからといって、不眠症やうつ病が根本的に治るわけではない(一時的)
  •  

  • 使えば使うほど副作用が出やすくなり、抜け出せなくなってしまう
  •  

  • 他の薬との飲み合わせによって副作用がかなり出やすくなる

 

まだまだ挙げればたくさんあるのですが、他に挙げられることは、「続ければ続けるほど身体から睡眠薬の成分が出にくくなり、蓄積されることで発生する副作用」なんかもあったりします。

 

妊娠時に飲むのはもっての外、赤ちゃんにも影響があるとされています。

 

更に言うと、プラセボ効果と言って(大体薬はこれがメインと言われていますが)、

 

「コレを飲めば眠れますよ」と、お医者様という強い賢威を持った方から聞いた言葉に対する信頼や安心感などが精神に働きかけて眠りに就いている場合も非常に多い

 

とのことです。

要するに、思い込んだら病気ですら薬に頼らず治ってしまうほど、人間の自然治癒能力は高いってことですね。

 

 

医者・学者が暴露した精神疾患系薬物投与の実態と副作用

薬物の副作用を医者が暴露
ここにとても興味深い動画を紹介します。

 

アメリカでの精神疾患患者に対する薬(睡眠薬、抗うつ剤など)をどうやって処方しているのか、実はでたらめで単にビジネスとして儲かる薬を処方していることを赤裸々に暴露している内容です。

 

精神薬を服用した人の末路がどうなってしまったのかも解説しています。

 

 

もし最初から順番に見たい場合はこちらのURLから
1)http://www.youtube.com/watch?v=nyOZZjVu95g

 

2) http://www.youtube.com/watch?v=QOZSbK0ehGc

 

3) http://www.youtube.com/watch?v=pYyYJhYi_XI

 

4) http://www.youtube.com/watch?v=4nL30YyK4hM

 

5) http://www.youtube.com/watch?v=fQaQBm866Us

 

6) http://www.youtube.com/watch?v=_EktSmty8bc

 

 

薬が高い収益を上げることは聞いたことがありましたが、実態はこんなところなんでしょうね。

 

親戚に医者をやっている女性がいるのですが、抗癌剤は投与してみなければ効果は分からず、当たる確率は1/10くらいだ、といっていました。。

 

私が「睡眠薬だけは飲まない!」と決めた瞬間

悩む男性 画像

大量に飲まない限り、睡眠薬を飲んだからといって生命の危機に瀕することはありません。

 

 

だけど、心と体にとって長い目で見た時に良いか悪いかと言われれば、私自身はとてもじゃないけど飲む気にはなれませんでしたし、自分の身体の自然治癒力を最大限に高めることで治したいと心から思って取り組みました。

 

実は病院に行った時に他の患者さんもいて、ふとしたキッカケでお話をして、その後再度病院で再開した時には、彼の具合の悪さにちょっと声をかけられなったほど疲れていらっしゃいました。

 

私と同じ科の受診でしたので、不眠症かうつ病に掛かっていらっしゃったのだと思いますが、随分お薬を飲み続けているとおっしゃっておられたので、先に紹介した動画を見ていただけに、彼の光景を見た時に、「薬だけは絶対飲まない!」と心に決めた瞬間でもありました。

 

その他睡眠薬の副作用について

睡眠薬を飲まなかったもう一つの理由として、「重い副作用が出る場合がある」という点です。睡眠薬各種の副作用についてお伝えしていますので、良かったら参考にしてみてください。

 

マイスリーの副作用    デパスの副作用    ハルシオンの副作用

 

睡眠薬を飲む前に・・・

不眠やうつの原因はセロトニン不足

 

当サイトでは何度も説明していますが、睡眠成分として非常に大きな役割を果たす「セロトニン」の不足が不眠とうつ病の原因になっていることは既に医学的に解明されています。つまり、脳内のセロトニンを増やすことで不眠は解消されるわけですから、その成分の分泌を積極的に促していくことが一番大切なことになるんです。

 

管理人を救ってくれたハーブサプリ

子供をお腹に宿してから、必死になってあらゆることを試し尽くしたと言ってもいいくらい不眠と向き合ってきた管理人を一番助けてくれたのがこのハーブサプリ。

 

セロトニンの原料になる必須アミノ酸が意識的に毎日摂取できるのでおすすめです。

 

⇒潤睡ハーブの公式ホームページ

 

薬を飲む前にまずはサプリを試すなど自分でできることをやってみて、それでもダメなら次を考えてみても良いかと思います。
管理人の勉強したこと、経験談も参考になれば幸いです。

 

管理人の経験談

薬に頼らない不眠症対策

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
実際に使ってみて効果を感じられた不眠症対策サプリランキング