PMS 月経前症候群 緩和

このエントリーをはてなブックマークに追加

PMS(月経前症候群)を緩和するために

悩んでいる女性の画像

女性であれば経験のある、生理前の「不快感」「イライラ」「不安定」「頭痛」など、月によって変化することもありますが、単独ではなく、複合での症状が現れる為、「症候群」と名付けられている「月経前症候群」。

 

残念ながら今のところ原因は完全には解明されていないので、治療法においても完全なものは見つかっていません。

 

個人差もあるので、対症療法を行うしかありません。「私に効いたからあなたにも効く」とは限らない部分があったりします。

 

 

人によって対策も変わってくる場合がある

また、症状の程度によってはPMSではない場合もあるので、自分が果たしてどのような症状で悩んでいるのか、それが「月経前症候群」なのかについて知ることから、言うなれば、「自分と向き合うこと」から始めるのが、「月経前症候群」を緩和させる第一歩となります。

 

現状において行われている対症療法としては、ホルモン療法、痛みを緩和するなどの、鎮痛剤を用いた対症療法、向精神薬療法、各症状にあわせた漢方療法、食事療法や運動、睡眠などの生活指導がありますが、多くの場合、食生活や生活習慣との関わりがあるので、それらを見直すことによって、様々な症状を和らげることができるとされています。

 

 

PMSを緩和させるための対策

PMS対策でお医者様から処方されるものとして、低用量ピルが挙げられますが、ピルの種類によってホルモン含有量が異なることも有り、自分にあったピルなのかどうかは、いくらお医者様から処方されても合うかどうかは飲んでみないとわかりません。

 

また、効果が現れるのは2〜3ヶ月後が一般的ですので、即効性もあまりありません。

 

というより、個人的に薬を常用で身体に入れることに対して抵抗がありますので、やはり自然療法、つまり食事や栄養分の摂取といった改善から行うことが一番良いと思っていますし、自分自身が改善された経験があるのでオススメだと思っています。

 

 

まとめ:ホルモンバランスの崩れを栄養分で調整する

PMS症状が現れると、人によっては甘いモノや不健康なもの(ジャンクフードなど)が食べたくなってしまい、どうしても栄養が偏ってしまいがちです。

 

明らかにホルモンバランスの崩れからこういった欲求が出ているわけですが、これを我慢するとさらにストレスが溜まったりしますが、結局このイライラ、不調和、自分ではどうにも出来ない気持ちが身体の不調となって現れてくることが原因だと思っています。

 

ホルモンの不調和はセロトニンの低下が原因にもなっています。不眠症になる原因もセロトニン不足であることが明らかになっていますが、PMSもセロトニンが関係していることも分かってきています。

 

スッキリした女性の画像

つまり、不足しているセロトニンを分泌させるためのトリプトファンを身体に取り入れていくことで、薬を飲まなくても不眠症同様PMSも解消される可能性が高くなりますし、実際に私がPMS症状が出にくくなっているのもこのおかげだと感じています。

 

潤睡ハーブでトリプトファンを常に補給していますので、生理前に悩んでいる女性の方々にもとってもオススメなサプリメントです。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
実際に使ってみて効果を感じられた不眠症対策サプリランキング