不眠症 原因 セロトニン

このエントリーをはてなブックマークに追加

うつ病や不眠症の時には「セロトニン」が不足気味

うつ病と不眠症の関係でも紹介している通り、体内のセロトニンが不足していることが原因でうつ病や不眠症になっていることが既に分かっています。

 

言い換えると、セロトニンを補給することでうつや不眠を改善出来るということですよね。

 

セロトニンの重要性については、日本におけるセロトニンの第一人者である有田教授の動画がありますので一度ご覧になってみて下さい。

 

 

■東邦大学有田秀穂教授 脳からストレスを消す技術

 

 

セロトニンという成分の名前はあまり聞きなれませんが、「アドレナリン」と聞けば、多くの方が聞いたこともあるし、意味も何となく分かるのではないでしょうか。

 

その辺りの比較で分かり易い動画だと思います。

 

 

うつや不眠は食事からの改善が最も効果的

 

バナナの画像

結局、身体の中の成分であるセロトニンを作り出すためには、「トリプトファン」という成分を食事から摂取していくことが重要だということです。

 

動画でもあるように、バナナ、ミルク、肉類、大豆などでもトリプトファンが吸収できるので、少し意識して摂っていくと良いかもしれませんね。

 

潤睡ハーブは、食事を意識しなくても毎日この「トリプトファン」を摂取できる「セロトニン生成特化型」の不眠症対策なので面倒がなくて良いと思っています。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
実際に使ってみて効果を感じられた不眠症対策サプリランキング